駅ビル眼科フクナガ日帰り白内障手術(乱視用眼内レンズ),眼科手術,白内障,緑内障,小児眼科,眼精疲労,コンタクトレンズ

いろんな矯正方法

correction methods

いろんな矯正方法

他の矯正方法との違い→

こんな方におすすめ→

オルソケラトロジー

コンタクトレンズ

レーシック(手術)

めがね

[長所]

オルソケラトロジー

  • 朝起きてから夜寝るまで裸眼で過ごせる。
  • 装用をやめれば、眼を元の状態に戻せる。
  • 年齢による視力の変化にも対応できる。

コンタクトレンズ(視力補正用)

  • メガネより視野が広い。
  • スポーツをする時など、めがねによる煩わしさがない。

めがね

  • 取り扱い、着脱が簡単。
  • 感染症などの眼障害のリスクがない。

レーシック

  • 常に裸眼で過ごすことが出来る。

[短所]

オルソケラトロジー

  • 就寝時だけとはいえ、継続的に装用する必要がある。
  • レンズケアが必要。
  • 定期的に検査を受ける必要がある。
  • 適切に装用しない場合、感染症などのリスクがある。
  • 近視の程度や眼の状態によっては適応できない。

コンタクトレンズ(視力補正用)

  • 日中レンズを装用することで、乾燥感・異物感が気になる。
  • 定期的に検査を受ける必要がある。
  • 適切に装用しない場合、感染症などのリスクがある。
  • レンズケアが必要。(ワンデータイプを除く)

めがね

  • 視野がせまい。
  • スポーツのときなどに不便

レーシック

  • 一度手術したら眼を元の状態に戻せない。
  • 老眼など、視力の変化に対応できない。
  • 手術の失敗や感染症のリスクがある。
  • 近視の程度や眼の状態によっては適応できない。

オルソケラトロジー

裸眼でOK「オルソ-K」

ortho-k_title

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーは特殊なデザインの専用コンタクトレンズを用い、角膜形状を矯正し視力を回復させる近視治療です。 就寝時に専用のコンタクトレンズを装用、起床時に外すだけで、レーザーやメスを使用せずに角膜の形状を変化させ視力を回復させます。 回復した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でも良好な視力を得られるようになります。

安全性

2002年米国FDA(日本でいう厚生労働省)により医療用具として承認。その後世界各国に普及。日本では2009年に厚生労働省により、その効果・安全性における有用性が評価され承認。
今回当院にて導入となったブレスオーコレクトは、2012年3月厚生労働省に医療機器として承認された初めての日本人を含めたアジア人の角膜形状を対象にデザインされた、オルソケラトロジー専用コンタクトレンズです。

safety_graph

仕組み

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーの特徴
  • 特殊なデザインのコンタクトレンズを使用
  • 角膜自体の屈折度を変化させるという原理においては、レーシックと同じ
  • レーシックのような手術ではないので、使用をやめれば元に戻る

レンズを睡眠中に装用し続けることで、日中は裸眼で過ごすことができます。コンタクトレンズ装用による不快感、不便さの解消が期待されます。オルソケラトロジー処方と費用については当医院受付にてご確認ください。
※強度近視や強い乱視、慢性的な眼疾患がある方は、この治療には向かない可能性があります。

オルソケラトロジーの費用(自由診療)

健康保険適応外のため検査・治療費は自費診療扱いとなります。治療開始のコンタクトお渡し当日に一括で眼科にて御支払い頂きます。

初期費用

¥150,000
※治療開始より1年間までの診察・検査代含む( 薬代別途必要になります)

2年目から

1年間ごと¥10,000 (何度受診されても診察・検査代は無料です)
※専用ケア用品を購入していただきますが、別途お支払いが必要になります。
また何か別の病気に罹患された場合の治療費・お薬代は別途必要となります。

オルソケラトロジー処方のご不明な点は当医院受付にてご確認ください。


「オルソ-K」とは?

αオルソ-Kについて→

オルソケラトロジーの仕組み→

アルファとオルソケラトロジーの歩み→

製品構成(トライアルレンズセット)→

有効性と安全性→

αオルソ-Kのご導入の流れ→

講習会のご案内→