Please wait...

姫路・姫路駅ビルの眼科 ピオレの駅ビル眼科フクナガ、日帰り白内障手術(乱視用眼内レンズ),眼科手術緑内障,小児眼科,眼精疲労,コンタクトレンズ

一般診療(診療内容)

Medical

眼精疲労・ドライアイ

現代社会は、ゲームやパソコンで目を酷使し、疲れや乾き目を訴える方が増えています。 ドライアイは、涙の量が減少し、角膜や結膜に障害を起こす病気です。 加齢によるもの、ゲームやパソコンなどの画面を長時間見つめることによってまばたきの回数が減少した結果起こるもの、アレルギー性結膜炎に伴うものなど、原因はさまざまです。

結膜炎(花粉症含む)

結膜に炎症を起こす病気の総称を結膜炎といいます。 目に異常を感じたら眼科を受診し、原因を明らかにして必要な治療を受けることが大切です。

霰粒腫

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は瞼の脂腺や汗腺が細菌感染によって急性に化膿するもので、瞼の縁近くが赤く腫れて、押さえると痛みがあります。

飛蚊症

飛蚊症の直接の原因は、眼球内の硝子体に混濁が生じることです。 重大な眼の病気の一症状であることも多いので、早めに眼科を受診することが大切です。

睫毛内反(逆まつげ)

逆まつげは異物感、流涙といった症状があり、角膜に傷がつくこともあり、強い痛みを伴うこともあります。治療はまつげを抜くことと、他に手術方法があります。

眼瞼下垂

老化に伴い瞼を上げる筋肉の力が低下し瞼が上がりにくくなり物を見るときに額に皴をよせたりするようになります。それにより肩こりや眼の疲れが引き起こされる事もあります。

斜視

一つのものを両眼で同時に見ることにより、遠近感や立体感が生まれます。斜視は左右の眼がそれぞれ違う方向を向いている状態で、場合によっては手術などの治療が必要になることもあります。

翼状片

内側の白目(結膜)組織が黒目(角膜)に入り込む病気です。瞳にかかる前には切除しないと視力の低下を来たします。

結膜弛緩症

結膜が緩んだ状態で余ってしまい、「涙が溜まっているような感じ」や「ゴロゴロとした不快感」といった症状を起こすことがあります。簡単な手術で治すことが可能です。

睫毛電気分解手術

逆まつげで角膜(黒目)を傷付けてしまう場合に、ピンポイントで取り除く必要のある睫毛だけを、毛根から電気分解(除去)する手術です。

糖尿病網膜症(レーザー光凝固)

網膜症は本人が気づかないうちに進行する病気です。血糖値のコントロールと、定期的に眼底検査を行うように心がけましょう。網膜症が進行した場合にはレーザー治療が必要となります。

角膜混濁(角膜移植)

角膜が濁って視力が傷害される場合は角膜移植が必要なこともあります。

白内障

白内障は眼の水晶体(カメラのレンズ)が濁り視力が低下します。白内障が進行して、視力低下が進んだ場合、手術によって改善が得られます。詳しくは「白内障日帰り手術」ページをご覧ください。

緑内障

緑内障は一般的に眼圧(眼内の圧力)の上昇により視神経がおかされる病気です。眼圧を下げるために目薬や内服での治療方法があり、早期発見早期治療が大切です。

緑内障ドッグ

最近クローズアップされている、正常眼圧緑内障の早期発見に力をいれております。 40歳以上の17人に1人が正常眼圧緑内障であるという健診結果が日本緑内障学会より2002年に発表されています。これは眼圧が正常範囲にもかかわら ず、自覚症状に乏しい為、知らぬ間に視野の狭窄を来す病気です。当院では、ドイツ製のFDT,ハンフリー静的視野計、ゴールドマン動的視野計をいち早く導 入し、ベテラン視能訓練士(ORT)が検査を担当しております。
40歳以上の方は、年1回の緑内障ドックをお勧めいたします。

加齢黄斑変性症

老化に伴い、視力に重要な網膜の中心部分の「黄斑部」が変性するものです。このため視野の真ん中がゆがんだり、暗く見えたり、進行すると欠けて見えたりします。

40歳以上の方は、年1回の緑内障ドックをお勧めいたします。
隣接する13ンタクトシヨップ「フェスタコンタクト」では各種コンタクトレンズを取り扱つてしヽます。
最近は使い捨てソフトレンズを希望される方が約8割を占めております。当ショップでは1日、 2週間タイプを中心に乱視対応レンズなどを取り揃えております。