Please wait...

姫路・姫路駅ビルの駅ビル眼科フクナガ、日帰り白内障手術(乱視用眼内レンズ),眼科手術緑内障,小児眼科,眼精疲労,コンタクトレンズ

眼のいろんな矯正方法

correction methods

眼の矯正方法として、メガネやコンタクトレンズの利用が一般的です。手軽に利用されるメガネ・コンタクトレンズは医療用具であり、医師の正しい知識とその指導の下で安全に使用することが求められます。

メガネ

 長所

  • 取り扱い、着脱が簡単。
  • 感染症などの眼障害のリスクがない。

 短所

  • 視野がせまい。
  • スポーツのときなどに不便。

コンタクトレンズ

 長所

  • メガネより視野が広い。
  • スポーツをする時など、メガネによる煩わしさがない。

 短所

  • 日中レンズを装用することで、乾燥感・異物感が気になる。
  • 定期的に検査を受ける必要がある。
  • 適切に装用しない場合、感染症などのリスクがある。
  • レンズケアが必要。(ワンデータイプを除く)

レーシック(手術)

 長所

  • 常に裸眼で過ごすことが出来る。

 短所

  • 一度手術したら眼を元の状態に戻せない。
  • 老眼など、視力の変化に対応できない。
  • 手術の失敗や感染症のリスクがある。
  • 近視の程度や眼の状態によっては適応できない。

オルソケラトロジー

 長所

  • 朝起きてから夜寝るまで裸眼で過ごせる。
  • 装用をやめれば、眼を元の状態に戻せる。
  • 年齢による視力の変化にも対応できる。

 短所

  • 就寝時だけとはいえ、継続的に装用する必要がある。
  • レンズケアが必要。
  • 定期的に検査を受ける必要がある。
  • 適切に装用しない場合、感染症などのリスクがある。
  • 近視の程度や眼の状態によっては適応できない。

 眼のいろんな矯正方法のまとめ

近年は、近視や乱視、遠視といった視力異常を、レーザーで角膜を削り矯正するレーシックが、手術時間もわずかで人気があります。しかし安全面・持久性に課題があり、最近では寝ている間にコンタクトを装着し、近視矯正を行うオルソケラトロジーと治療法が注目されています。

オルソケラトロジー